<< 現実逃避 | main | 初回免許更新 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

遅れてきた読書週間

ホントに嫌だった読書週間
秋の風物詩(?)
活字は吹きだし以外読みません
そんな理系少年がついに目覚めてしまいました
文庫本を自分から進んで買うという初体験をしたのがつい先月のことでした

いまは,音楽聞くより電車移動中はもっぱら読書
小説読んでます

きっかけは文字通り「趣味:読書」の細野くんとサシ飲みをしたとき
何の気なしに読書を趣味にしたい.なんかお勧めのあったら,言われる通りの本読むから,と.
初めて出てきたのは,カラマーゾフの兄弟(ドストエフスキー)
ロシア文学は強敵である.笑
ということで
「龍は眠る」宮部みゆき
これが面白い
小説の評価の基準となる本自体をほぼ読んでいないダメ人間の僕にすんなり入ってきました
洞察力のある記者の思考にわくわくしてました☆
次◆嵳ソ戞弋榾楜陰「僕の小鳥ちゃん」江國香織→ぁ嵋盻僂呂気気笋」宮部みゆき→ァ屮曠蝓次Εーデン」江國香織(読み中..)


ayumu * 記録 * 21:52 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:52 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ